トータル金額

自己破産に司法書士を使うと、成功報酬プラス実費が請求されます。弁護士が着手金というところを、司法書士は手続代理報酬という、名称にする人が多いです。こういったいわゆる初期費用に相当するものを、請求しない司法書士事務所もありますが、合計金額に大きな開きはありません。15~30万円程度を、考えておいて下さい。

お金一般的に「弁護士は…。」と、弁護士を使いたがらない風潮があります。これは費用をはっきりと示さないことを、日本の弁護士業界全体が、続けてきたことも一因です。最近では明瞭会計をうたう法律事務所も増えてきましたが、大まかなものを示しておきます。自己破産に弁護士を使うと、20~80万円かかるのが通常です。おおまかな内訳は、実費プラス着手金プラス成功報酬です。着手金は、おおよそ20~40万円。成功報酬はおよそ20~40万円が、通常かかります。成功報酬がゼロということもありえますので、それも勘案しますと、20~80万円くらいかかると、覚えておいて下さい。

ネット通販で、経験があると思います。商品そのものの価格が安くても、送料を加えると少々商品価格は高くても、送料無料の会社の方が、トータルで支払うお金が安くつくことは、これまでに多く経験されてらっしゃるでしょう。お世話になることが少ない、法律のプロについても同様で、トータル金額を考えることが大切です。